栄養の偏りが心配なら葉酸サプリで栄養補給!
楽天ランキングでも1位を獲得!1日あたりたった60円の葉酸サプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


生ハムは妊娠中に食べてはいけない?

妊娠中の生ハムって

妊娠前から、たとえばバゲットに生ハムをはさんだり、
生ハムをつかったサラダが大好きだったり、
「生ハムがないと生きていけない!」
「生ハムはおつまみに最高!」
と、日常的に食べていたお母さんは多いですよね。

 

ところが、赤ちゃんがお腹にやってくると、産婦人科でも
「妊娠中に生ハムを食べないでください」
「生ハムは絶対にだめ!」
と言われてしまうことがありませんか?

 

「どうして生ハムがだめなの?」
「生ハムってそんなに危ないの?」
と不安になってしまったお母さんのために、生ハムは本当に食べてはいけないものなのか、どのくらいなら食べても大丈夫なのかを調べてきました。

 

生ハムにはトキソプラズマがいる!?

トキソプラズマとは寄生虫の一種で、
生肉にはもれなく存在しています。
加熱することで全て死滅しますが、
生ハムなど「生」の部分が残っていると、
もちろん感染する確率は普通のハムよりもグンとあがってきてしまいます。
妊娠中は免疫力が下がってしまう為、
普段であれば防御できたトキソプラズマでも、
赤ちゃんがお腹にいるとそうはいかなくなってしまうことも。

 

生ハムにはリステリアがいる!?

リステリアは菌の一種。
こちらを食べてしまうと食中毒になる可能性があります。
リステリアそのものが胎児に大きな影響を及ぼすことは考えづらいのですが、
そのかわり、かかってしまったことによる腹痛などで、
早産や流産の危険が増してしまうことがあります。

 

こうしてまとめると、生ハムは妊娠中には避けた方がよい食材であることがわかりますね。
どうしても食べたい!という場合は、例えばグラタンの上に生ハムをおいて焼いたり、
お野菜と一緒に痛めて塩のかわりに味付けをすることもできます。
塩分が強いため、3枚から5枚程度であれば食べても大丈夫と言われていますよ。

 

生ハムは生のままだけではなく、加熱しても美味しく頂けるのが嬉しいですね。