栄養の偏りが心配なら葉酸サプリで栄養補給!
楽天ランキングでも1位を獲得!1日あたりたった60円の葉酸サプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


妊娠中の明太子は良くないって聞いたんだけど・・・

妊娠中は明太子って食べられる

「妊娠中に明太子のことで指導されてしまった……」
というお母さんは、あまりいませんよね。

 

妊婦さんの場合であっても、ハイリスクさんであったり、
厳重に体重を管理している場合は別ですが、
妊娠中の明太子に関して
「絶対に食べないで」
「食べたらいけません」
と言われることはそう多くありません。

 

ですが、妊娠中にネットなどを検索してみると、
「明太子を食べてしまいました、どうすればいいですか?」
「明太子は赤ちゃんにとってよくないと言われましたがどうしてですか?」
という質問を見かけることが多くなりますよね。

 

「明太子って本当は食べちゃいけないの?」
「明太子のどこが危険なの?」
と首をかしげてしまうお母さんのために、
今回は明太子の危険性や、どのくらいなら食べてもいいのかどうかを調べました。

 

明太子にはリステリアが入っていることも!?

明太子は2009年の時点で、
およそ7%の確率ですがリステリア菌が入っていることもあります。
リステリア菌とは免疫の低い妊婦さんや小さい子供、お年寄りが感染すると、重篤な症状に陥りやすい病原菌のことです。
明太子を食べることでお腹を壊してしまい、
その刺激が原因となって切迫早産や早産をしてしまうことも。

 

リステリアの心配がぬぐえない場合は、
明太子をよく焼いて食べてみてくださいね。

 

明太子の塩分はかなり高い!?

明太子には1本あたり、かなり高い量の塩分が含まれています。
妊婦さんが食べ過ぎると、赤ちゃんにとっても良くありませんし、
お母さんの血液に悪い影響を及ぼすこともあります。

 

塩分を気にしている場合は、さっと軽くお水で洗ったあと、
パスタなどで塩気を分散させる方法もありますよ。

 

妊娠中に明太子を食べることはおすすめできませんが、
加熱して他の食材と混ぜればほぼ問題がないことが分かりましたね。

 

お食事に出す場合は1本から2本が理想。
大きい場合は1本だけにしておくのが無難ですよ。

妊娠中の明太子は良くないって聞いたんだけど・・・関連ページ

生ハムは妊娠中に食べてはいけない?
妊娠中にカレーを食べる場合の注意点