栄養の偏りが心配なら葉酸サプリで栄養補給!
楽天ランキングでも1位を獲得!1日あたりたった60円の葉酸サプリ
公式サイトは以下の画像をクリック


マグロ、カツオは禁忌?妊娠中に食べてはいけないもの一覧

妊娠中食べてはいけないもの

お腹に赤ちゃんがやってくる前なら、何も気にせず食べていたものでさえ、妊娠中になると
「これってどうなの?」
「あれは食べてもいいの?」
「赤ちゃんに影響はない?」
と心配になってしまうことがありますよね。

 

確かに、妊娠中は食べ物に人一倍気を使うこと自体は、とてもいいことではあります。
ただし、気にしすぎるあまりストレスをためて生活するのは、
赤ちゃんの胎内環境にとってはあまりいいことではありません。

 

「でも、妊娠中に食べてはいけないものを知りたい」
「妊娠中に食べてはいけないものがあったら一覧にまとめてほしい」
という気持ちは、やはり消すことができないですよね。
妊娠中に食べてはいけないものとされている食品を一覧にしたので、
お母さんたちの参考にしていただけたら幸いです。

 

妊娠中に食べてはいけないもの一覧

生肉

生肉、特に豚の生肉には、トキソプラズマという寄生虫がいます。
これは国内国外問わず、生のお肉という時点で既に寄生していることが多く、
完全にトキソプラズマのいないお肉を探すのはほぼ困難。
生肉が食べたい場合には、別の手段(ローストビーフなど、レアに近い食感)のものを選びましょう。

 

回遊魚

こちらはカツオ、マグロなどといった大型の魚です。
食物連鎖の上にいる魚には水銀などの汚染物質も多く含まれているため、
非常に小さいレベルではありますが、赤ちゃんの耳のきこえが悪くなることがあります。

 

非加熱のチーズ、生ハム

上記の2つには「リステリア」と呼ばれる菌がいます。
リステリアは特に妊娠中に感染しやすく、その確率は妊娠前の女性のおよそ20倍!
一度かかってしまうと赤ちゃんにも悪影響が及ぶ可能性があります。
上記2つはなるべくさけましょう。

 

生卵

長時間放置した生卵にはサルモネラ菌など猛毒のウイルスが付着する可能性があります。
生卵はすぐに使うか、十分に加熱して食事にしましょう。

 

アルコール、カフェイン

こちらはかなり有名ですよね。
大量に摂取すると赤ちゃんの成長を大きく阻害する可能性や、
生まれてきた赤ちゃんの気管が弱くなってしまうことがあります。
こちらも摂取は控えましょう。

 

 

 

以上が、妊娠中に食べてはいけないものリストです。
もちろんごく少量であれば何も問題ないことが多いのですが、菌などはいつどこで感染するのか分かりませんよね。

 

神経質になりすぎることはありませんが、「気持ち的に避けておこうかな」と、心の隅に留めておくと便利ですよ。